火焔太鼓

全くの、寝正月。

ある意味、正しい お正月の過ごし方なのだと、
勝手に 自己弁護しております。

好きな落語のDVDやら ビデオを観つつ 飲んでばっかりいる。
新聞のテレビ欄を ふと 見ると
談志の特番が。
これは 観ないと と、録画しつつも

また、落語 か。

しかし、おもろいんです、これが。

しかしながら、そろそろ 店の準備にとりかからんとあかんわなあと
昼過ぎから 厨房で 準備。
夕方まで 身体を動かしてると
少し、現実に引き戻され、
身体の調子も 良くなってきました。

元来、なまくらものなのに
なぜか、なまくらばかりしていると 身体の調子が とても悪くなる。
ハードな仕事を適度にこなしていると
調子が とても良くなる。

そんなもんなんやろうなあ、などと思いつつ、
志ん生の「火焔太鼓」を聴きつつ
思うのでした。
[PR]
by yui-2910 | 2009-01-04 00:18 | 日々の話
<< アイリッシュパブ Ein frohes neue... >>