バックペインな日々。

大げさではなく、
妻に抱きかかえながら 隣町の整形外科に行った。
ドクターに病状を説明すると、別にどうってことないように
背中に痛み止めの注射をぶちこまれた。

全く、効かなかった。

椅子で眠らなければならない日々が始まった。
処方される鎮痛剤がボルタレンからロキソニンに変わった。
何日、経っても症状は改善しなかった。

ついにMRI検査をすることになった。
結果を見ながらドクターは言った。
「紹介状を書くので、すぐに金沢大学病院に行きなさい」と。

金沢大学病院の待合室で 知り合いのパンクロッカーに会った。
松葉杖をついていた。
そういえば、その数ヶ月前に、その人の 原発反対のうたを聞いたことを思い出していた。
この人は、何十年も変わらないのだ。
私より、いくつも上のその人は、十分に「少年メリケンサック」だ。
なんだか、安心した。

検査の日々が始まった。
何回もの血液検査。CT。骨スキャン。そして、やり直しのMRI。
ただ、ドクターも頭をかかえるばかりだった。
骨が異常をきたしてるのはわかった。

そのころ、手のひらに、ほんのちょっとだけ、発疹が出来ていた。
別に痒い訳でもないので 気にしなかった。
それくらい、小さなものだった。
が、
時間だけは十分にあるので、インターネットで調べだした。
発疹の症状の画像に、非常に近いものがあった。

「掌セキ膿ホウ症」

皮膚病のひとつで、掌や足の裏に無菌性の発疹が出来る病気。
慢性難治性で、原因は解明されていないが、ストレスや、金属アレルギー、虫歯、扁桃腺異常などが考えられる。その、患者の10%程度に、脊椎に強烈な関節炎を併発する。
と、あった。

これだ。と、確信した。

次の日、ドクターに言った。
「この、小さな発疹は関係ありますか?」と。
ドクターの答えは、私の自己診断と同じだった。

「掌セキ膿ホウ症性骨関節炎」

すぐに、わたしの居場所は整形外科から皮膚科へと移された。
数年後、奈美悦子さんがこの病気で苦しんだことをテレビで見た。

病名がわかって、なんとかなると思っていた。
すでに、2ヶ月以上、経過している。

しかし、皮膚科の主治医に ぶちきれることになるとは、
そのときは 想像してなかった。
[PR]
by yui-2910 | 2009-02-14 23:42 | 日々の話
<< 何らかの権威 鈍痛 >>