入院

更新がゆっくりですね、と、買いに来てくださった女性に言われました。(笑)

早く続きがみたい。と、言ってくださる方もおり、
申し訳なく思います。でも
ありがたいことです。

金沢大学病院耳鼻咽喉科病棟に、入院した。
生まれてから、初めて、入院した。
6月になっていた。
もう、半年も経つのか。長いような気がした。
手術は3日後ときいていた。
入院初日、どうも、眠れそうにない感じがした。
妻に、病院の近くのコンビニで、ウイスキーの水割り缶をかってきてもらった。
彼女の職業は看護師であるが、理解のある看護師なのだ。
みなさんには、おすすめできないですが。

先生の説明では、もし、直るとしたら、扁桃腺を除去した直後に
その反発から、手に、ばーっと発疹が出来て
それで、消えます。その反応が出たなら、成功だと言ってもいいと思います。
だから、術後の発疹が出ることを祈りましょう。
と。

手術の日になり、たんたんと事は進んだが、
不思議と不安も怖さもなかった。
冷静だった。自分でも、なんでやろ?と思うくらいに。
麻酔が効いてきて、ふっと落ちた。
気づいたら、病室で寝ていた。
朦朧とした意識の中で、身体から取り出された扁桃腺を見せられた。
よく覚えてるんだが、ぼんやりと、よく見えなかった。

次の日、両手一面に発疹が広がっていた。

16日間入院して、徐々に背中の痛みも引いていった。
ようやく、普通に日常生活が送れるようになりそうだった。

病室で、ずっと考えていた。
「儲からなくてもいいから、何か、やりたい事をやって、めしは食えないものか」と。
まだ、パン屋になろうなんて、考えてはいなかった。
まだ、見つけられないでいた。
[PR]
by yui-2910 | 2009-03-12 22:34 | 日々の話
<< 入院って。 何らかの権威 >>