パン屋になる。vol.2

ヨシモトカヨの歌にあるが、
「白南風」が待ち遠しい。
梅雨明けに吹く、南風のことだ。

寒さには、なんぼでも耐えられる自信があるのだが、
暑さには、からっきし、弱い。情けないことに。
生地に熱がつくことにも異常に気が張ってしまう。

パン屋にとって、一番、いやな季節の到来だ。
お客さんも、少なくなる。(笑)

前回の続きを。

働き口のないまま、もんもんとしつつ過ごしていると、
知り合いから、ある就職口を紹介してもらった。

学校給食などを手がける、中小企業の工場であった。

正直、
「工場は、駄目やんなあ」
と思った。

後日、ブレッドの堀さんに、その旨を伝えた。

またしても、意外な返答だった。

「それはいい!ぜひ、行きなさい!」と。

私にしてみれば、本意ではなく、
工場のパンなんて・・・・、という感じだった。
だいたいが、私の作りたい、極めたいフランスパンなど、作れないではないか。

堀さんは言った。
「それは、置いといて、パンの作り方自体を知らなきゃならない。とりあえず、行ってみたらいい。」

それだけだった。

私は、面接に行き、その3日後から、その工場のタイムカードを押した。
気は、重いような、楽しみなような、
複雑に入り組んだ、西田哲学的に言うと、絶対矛盾的自己同一、
だった。

続きは、また。
[PR]
by yui-2910 | 2009-07-08 22:45 | pann
<< パン屋になる。vol.3 パン屋になる。 vol.1 >>