パン屋になる。vol.3

連日、じめじめとしています。

さて、工場の話。

初日、
釜担当の人間が辞めてしまい、いきなり私に担当を命ぜられる。
1週間は、社長に自ら、指導を受けた。
その後は1人でやらないといけない。
望むところだ。

ちなみに、社長さん、釜の人が辞めてから、私が来るまでの2週間、釜を担当し、
7キロ痩せたと言っていた。

普段、私の店のオーブンの許容量はというと、
6取り天板が4枚入るのが2段あるので、
1度に焼けるのは、最大で8枚である。

工場のオーブン。
とても長い。
左右に2つあった。
オーブンの口が2つずつあり、(つまり、計4つ)
1つの口に最大24枚、6取り天板が入る。
全部のくちに24枚入れると、96枚分がいっぺんに焼けることになる。
キャタピラー式で、入れたり出したりするしくみになっている。

とんでもない、量である。

そこでの基本は、上火も下火も200度。菓子パンメインであるから、10分だ。
しかしながら、全部のパン、つまり、24枚いっぺんに焼けるわけではない。
基本的に奥の方のパンの焼き色はつきにくい。
だから、半分は出してみたり、何枚か出してみたりする。

それが、4つあるのだ。

いっせいにタイマーが鳴り出す。
合間をみて、次を入れる。
6畳はあろうかと思われるホイロ(醗酵室)からは
次々と焼くのを待ったパンが出てくる。

とんでもない現場だった。

1ヶ月で、10キロ、痩せた。(笑)

では、きょうは、このへんで。
[PR]
by yui-2910 | 2009-07-09 22:52 | pann
<< 梅雨の合間の奇跡。 パン屋になる。vol.2 >>