剣岳。

特別な、山、である。
富山県人であるから、ひいき、してるわけではない。

奥穂、槍穂、など、名峰はたくさんある。
が、剣岳は、別格である。

2999。
3000メートルには届かないこの山。

登ったことのある方は、わかると思う。
この山は、別格であることを。

f0161679_23104931.jpg

剣沢から眺める剣岳が好きだ。
1日、眺めていても、飽きることがない。
どこか、別の世界にでも行ったかのような錯覚。
シャブのお世話にならなくても、十分、ではないかね?ノリピー。

間違いなく、ここは、日本、で、富山県、なのだ。

前日の雨で、登頂者が少ない。
剣沢のテン場もガラガラだ。
打って変わって、なんという、晴天だろう。

f0161679_23113773.jpg

私の個人的な意見だけれども、
前剣から、長蔵のコルまでの間が、一番危険なような気がする。
カニのタテバイやヨコバイは、そのネームバリューからか
みんな、慎重になる。

f0161679_2312470.jpg

確かに、落ちればただじゃすまないんだけど。(笑)

3の窓、チンネ、で、滑落事故があったのが10時半頃。
バリエーションルートだ。
一般ルートではない。
ザイル、にヘルメットの人達は、たいがい、ここ、だ。

残念なことに1人、亡くなった。

そのころ、私は、カニのタテバイを登り終えたくらいだったろうか・・・・。

f0161679_23231928.jpg

話題の、二等三角点。
山頂では、笠が岳が一番めだってたかな。
白馬岳も、よく見えていた。

次の日、
剣御前から、別山、真砂岳、富士の折立経由の大汝山、雄山と、
立山三山を縦走して室堂に降りた。
内蔵助カールは、壮大だ。
大走りの足跡がまっすぐに伸びている。

雄山に出ると景色は一変した。
すごい、人、だ。
カップヌードルが異常にうまい!


f0161679_23182380.jpg

まさに、幻覚の中にいるような3日間だった。
同行の我が家族、私の山の師匠O氏、
大阪から参戦のF氏、
みなさんに感謝。
[PR]
by yui-2910 | 2009-08-20 23:25 | 日々の話
<< パン屋になる。vol.5 焼岳 >>