シュトレン。

少しずつ、朝晩の寒い季節に移り行くのです。

1年が、途方に暮れる暇もなく過ぎ去り、
自分でもよいのかどうかもわかりませぬが、
なにせ、年々、1年という、周期のスピードの速いこと、早いこと。

今年は特に夏と秋の境界線がなく、
例えば、10月の頭まで、仕込みに使う水を冷やしていたけれども、
一転して、今は、常温よりも高くして、仕込む。

今年は、仕込み水が常温でOKの季節がなかった。

鉄筋コンクリートの建物であるから、
9月までは、朝一でも30度近くあることが多い。
例え、外が涼しくても。
今現在は、朝6時の時点で、だいたい、20度から22度くらいで、
当然、夏場よりも作りやすくなった。

寒くなって、行きます、ねえ。これから。

さて、シュトレンの予約を11月より、
ついに開始します。
ドライフルーツもラムに、ガッツリと漬かっております。
もう、いつ作っても大丈夫そうです。
作るのが楽しみなのですが、
とても、気を張るのも事実。
なにせ、1年のうちで、
12月の頭にしかやらないのですから。

しかし、これを作らねば、来年はやって来ない。
そんな、気がしています。
[PR]
by yui-2910 | 2009-10-30 21:44 | pann
<< ライヴハウスの存在感について。 パン屋になる。Vol.7 >>