カロリー裏話。

裏話。

砺波厚生センター、いや、富山県内の厚生センターでは、
「健康作り応援店」と題したお店の推進を行っています。
要するにカロリーと塩分をレストランならばメニューに、
ケーキ屋さんやパン屋などにはプライスカードに、表示してもらおう、という施策である。

意外とレストランなどの飲食店には、表示されているらしい。
厚生センター自身がこれを推奨しているので、
依頼にまわると、快く引き受けてくれる、というのだ。

が、

洋菓子店、パン屋、和菓子屋、などには少ないらしい。
拒まれる、のだ。

なぜか?

つまり、カロリー表示をすれば
売れなくなるのでは?
という懸念があるからである。

生クリームのショートケーキのカロリーが高いのは
誰もが想像できる。
しかし、その表示を正確に行うと、購買意欲が多少なりとも落ちる。

確かに、そうかもしれない。
売る側にしてみれば、切実な問題である。

パンも同じ。
パンは高カロリー食品とよく言われる。
例えば、ご飯1膳食べるのと、6枚切りの食パン1枚を食べるのとでは、
まず、「食べたなあ」という満足度が違う。

パン、菓子関係の小売店でカロリー表示が進まないのには
こういう事情があるのだ。
あるケーキ屋さんが、1品カロリーを調べてもらってから
そのあまりの高さに驚き、表示を断念した例もあったそうだ。

砺波、小矢部管内のこの分野での個人店では(チェーン店は除く)
うちの店が初めてであるらしい。

パンは洋菓子とは違う。
たまに食べるものではない。
ひとによって違うだろうが、毎日食べるものであり、
生活習慣の一旦を担っているものでる。
であるから、表示は当然といえば当然なのかもしれない。

そう、思いました。


f0161679_22513550.jpg

[PR]
by yui-2910 | 2010-01-19 22:53 | pann
<< パン屋になる。Vol.11 成分表示 >>