人気ブログランキング |

物言わぬ同志。

ずいぶんと朝晩が冷え込むようになってきました。
個人的にこの季節が一番やりやすい。

パンのことです。

夏場の厨房といえば35度以上になり、生地に熱をつけないように
ミキサーのまわりから冷やしたりします。
でっかいたらいに氷水を入れ、外側から冷却する。
それでも夏場は熱がついてしまうから
うちのようにたいしていい機械などない店にとっては
日々、これ格闘、です。

その季節も過ぎ去りはや10月の半ば。
このまま一気に師走へ突入し、シュトレンの季節。
つくづく、はやいもんだと
白くなった毛勝三山を眺めつつも
感傷、虚無、そしてまた、忘却。

そのたいしたことのない、いろんな機械やら道具の中にあって、
これがないとなんもできん、という道具が
「竿はかり」。
値段は忘れてしまったけれど、4~5万円はしたと思う。
高岡にある、はかりの専門店で購入した代物です。
非常に小さな古い店であった。
60代と思しき店主は親切な方であったのを記憶している。

f0161679_16564421.jpg

竿の傾きによって生地の重量を判断できる、非情に精度の高い、
極めてアナログな唯一無二の代物である。
すべてのパンの分割は、これなしでは、無理なのです。
おそらく壊れることもほぼないだろうから、
パン屋をやっていく限りは付き合うことになる。

それに引き換え、機械類は故障する。
しかも修理代も高い。
オーブン以外の「ミキサー」と「リバースシーター」(クロワッサンやデニッシュなど、(バターを折り込むローラー)は中古品だ。
何回か怪しい時もあり、ちょっと心配だ。

で、いったいあの「はかり屋」さんでは、この竿はかりは
1年で何台売れるのかが、なんか気になります。

しかしながら、「道具」というのは使えば使うほど
愛着がわいてくるものだ。

物言わぬ同志、でしょうか。
by yui-2910 | 2011-10-13 17:00 | pann
<< パンの保存について 山から見える原発。 >>