国産小麦

頭の痛い話 ですが・・・。

小麦の価格が またしても 上昇します。

まあ、わかってたんですが・・・。

外国産の小麦は
約1年半くらい前でしょうか、
政府の製粉メーカーへの 売り渡し価格が
固定相場制から 変動相場制に 変わりました。
それにより 春と秋の年2回、価格の改定を政府が行うわけです。
当然、現在の穀物市場の高騰が続いてる状況では
秋に上がるのは お分かりだと思います。

では、国産小麦はどうなのか?
あながち、無関係ではありません。
外国産の小麦粉の価格の中には
国産小麦の生産農家への 補助金も 上乗せされているからです。

そのことに関しては いろいろと書かれてる方も
沢山 いらっしゃるので この辺にして。

では、全て 国産小麦で作ればいいんじゃないか?
と、いわれる方もいらっしゃるのですが、

ちなみに うちの店で使う国産小麦は
12種類中、1種類だけです。
結論から言うと、パンに適した、作ってて
「こりゃ、ええわいな」という、国産小麦がないのです。

ホクシン、キタノカオリ、はるゆたか、など
国産小麦の品種は 結構あります。
しかし、香りはいいのに たんぱく質量が足りないために
いいパンになるものは
極めて少ないのが 現状 なのです。

「当店では国産小麦のみを使用しています」
と、大々的に書けば イメージ的に売れるのかもしれません。
しかし、今の国産小麦の現状では
あまり パンには向いていないような気がします。
どうしても 積極的に使う気になれません。わたしは。

おそらく、うどんをホクシンで作ると
香りのよい、とてもいいものになると思いますが・・・。

ですから、うちの店の食パンを国産小麦で作ることは できません。
ちなみにうちの店で食パンに使う粉の 1キロあたりの価格は 
国産小麦より ずっと高いんです。(笑)

イメージだけで 作りたくはないですし、売りたくもないのです。わたしは。

ちなみに 国産小麦も 今秋 連動して
あがります。
なんでなんでしょうね。
[PR]
by yui-2910 | 2008-07-31 23:06 | pann
<< 西穂にて 暑いときは >>