人気ブログランキング |

<   2011年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

山から見える原発。

剱岳。
途方もなく長い年月によって、氷河に浸食された峻嶮な山容。
針の山、であり、地獄の山。
f0161679_17411645.jpg

日本列島の数々連なるの山々の1つにすぎない。
このような山の1つ1つが長い時間をかけて現在の姿の山容がある。
今の姿は今でしかなく永遠ではない。
槍もしかりで、ずっと遠い未来には、その姿を変えている。
長い長い時間の流れの中で今を形成してきた自然の歴史のほんの
一瞬を僕らは見ているにすぎない。

素晴らしい情景と背中合わせの恐怖を痛いまでに感じることができるのが
山であり、その自然の凶暴性や暴力性を何年も登っていれば
いやでも体験することになる。

何百万年もかけて自然は歴史を刻んできた。
それに比べると人間の作り上げてきた「世界」など
やはりほんの一瞬でしかない。

今夏行った雲の平は祖父岳の噴火によってできた北アルプスの中のある台地だ。
その周りを黒部川源流が巻くように流れている。
急峻な山々に囲まれたヘソのように穏やかな台地。
そこをゆっくり歩いていると不思議な感覚に襲われる。
どこか別の次元に放り込まれたような。
ここもまた、長い自然の歴史の流れのほんの一瞬を見ているにすぎない。

平野部から山に向けて車を走らせるとすぐに森や林にたどり着く。
海からはさほど離れていないのにもかかわらず、ブナ林があったりする。
河川は山から海へと一気に流れ落ちていく。
外国、特にヨーロッパではまずありえない光景だ。
オランダ上空から眺めてみると、どこまでも続くチューリップ畑が、
アイルランドやイギリスでは、広大の牧草地があるように
森や林などほとんど見かけることはない。
日本の自然は特異なのだ。

大地は常に動いている。長い時間をかけて。
特に日本には急峻な山々、河川があり、活火山が今も活動している。
こんな国はほかには、ない。

もっと、広くて大きな捉え方をしてみよう。
こういう自然と格闘しなければならないような場所に日本人は住んでいる。
いや、住んできたのだ。
この日本人の歩みは自然との格闘の歴史でもある。
災害や地震との戦いの歴史である。

その時その時で何千年も前から繰り返し悲しみにくれつつ改善しながら
そこから復興してきた歴史である。

自然災害に「想定外」など、存在しない。
そもそも自然はいつでも「想定など到底できないもの」であるはずだ。

つまり、この国には
原発などいらん、というより、
作ってはならない土地である。

大きな視点に立たないと何も見えて来ない。
by yui-2910 | 2011-09-29 17:44 | 日々の話

サンダーバード

うー、めちゃくちゃ暑いやんかー!
と、文句の一言も言いたくなるような連日の残暑。
前回、涼しくなったと書き込んだばっかりに、
またしても、あらら、季節の逆回転現象。

9月の中旬です。

そんなら気を取り直して週末に剱岳でも早月からせめてやろかいなと
思ったら、天気は週末から下り坂、ですか・・・。

むう、と唸りたくなった。

というのも唸りたくなるのは天気だけのせいではなく、
この数週間で、友人、身内など
私にかかわる人物の3人もの人々が次々に骨折に見舞われるという大惨事。

鎖骨骨折から始まり、左手首粉砕骨折、そして顎骨骨折。

その3者相互の関係性はあまりなく、
この私が3者と深く関連しているのであり、
したがってこの私めがいわゆる疫病神と言われるに至ることになり、
たのむからこれ以上、被害を拡大しないで下さいまし、神様よー、などと
まったくもって神にでもすがりたい気分である。

しかもこまったことに左手首粉砕骨折者は
(複雑骨折ではなく、粉砕骨折であり、そんなんは初めて聞いた)
西洋太鼓奏者であり、また、
顎骨骨折者は、サックス奏者であり、
音楽を奏でるにあたり、両者とも極めて重要な部署の傷害であり、
まず、太鼓奏者の傷害により、こりゃいかんと11月のライブをキャンセルし、
そんなら12月にブッキングし直してサックスと2人でやるのもいいかもしらんと、
予定を変更した3日後に、今度はサックスの傷害が勃発した。

よくよく考えてみると、確かに私目が疫病神のような気がしてきた・・。

先週、見舞いに大阪に行ったが、
駅舎のアップダウン、乗換え、やたらめったら歩く癖、などにより
両ふくらはぎが筋肉痛になった。
身体が慣れているせいか、山行での筋肉痛はあまりないのに
アスファルトやコンクリートでこうなろうとは思わんかったなあ。

f0161679_1718142.jpg

今年、木道を一直線に走っていく珍しい雷鳥を目撃したが、
なんとか、なりまへんかいなあ、雷鳥君!
by yui-2910 | 2011-09-15 17:21 |

夏は去りて。

もう早、9月。
今日の朝6時の時点での厨房の気温が数カ月ぶりで30度を下回っているのに気付いた。
鉄筋コンクリートな建物故、前日のオーブンの熱が冷めやらぬうちにまたスイッチを入れるので、
暑い季節になると、なんぼ朝晩が涼しくなろうと
厨房の熱は籠りっ放しになり、朝一そうそう汗まみれになってしまう。

寒さに強いが、暑さにはめっぽう弱い。
だから夏は、とほほ、とうなだれる。

そんでもって、暑くてたまらん下界、すなわち浮世から脱出すべく、山、である。
海は暑い。そんでもって人も多い。
海の家のビールをサザエの壺焼きやなんかと食べればうまそうだが、
断然、山である。
最近の山は静かでもないけれども・・・。

ずっと書こうと思いつつ書けなかったので、まとめて一緒にで申し訳ないですが。

7月18,19日で後立山、白馬岳~不帰ノ嶮~唐松岳を縦走。
富山県側からだと、なかなかに長時間でもあり、しかし栂池、八方に回るのも
なかなかに億劫になってしまうため、今までは計画しても取りやめになるのが
後立山の山域だったのですが、なんか思いつきのように出発。

f0161679_1815363.jpg

反対からみる剣岳もなかなかですよ。

f0161679_1884658.jpg

唐松から不帰ノ嶮を振り返る。とがってますねえ。

次の週末、どうしても大汝山に行きたいのでと懇願する輩、H君。
電話で週末に行きたいとうるさい。ちゃんとした登山靴を購入する旨伝え、雨具も忘れぬよう、
打ち合わせを済ませ立山縦走することになる。
H君の妻君は大学の登山部故、靴の購入は相談すると電話口で言っていたので、
必要なものはこちらが言うまでもない。
最終のケーブルに乗り、雷鳥沢でテント泊にした。
ただ、彼の妻君と相談して買ってきた靴は残念なことに「ニューバランス」のバッシュだった。
自分の食料は買ってくるように言っていたのだが、
彼の買ってきた食料は大量のカロリーメイトのみだった。
H君は山ヤはみんなカロリーメイトを食事にしていると思っていたのだ。
おかげで、私の簡易パスタやアルファ米が半分づつの夕食になった。
しかしながら、日本酒やらワインやらはしっかりと持ってきているのはなぜだ?

f0161679_1843173.jpg

立山連峰を眺め、H君はしきりに「明日は楽しみだー。」を連発。

しかし、翌日、彼は惨敗した。逃げ疲れた馬のように敗走した。
「山登りがこれほど辛いとは・・」と疲弊した表情で・・。

でも彼は言った。「楽しかった!」と。
雷鳥沢のテントをかたづけながら、室堂までの急な階段の登りは忘れてるようだなと
思ったので、少しいたずらがてら、地獄谷を通らずに遠回りでさらに急な、
雷鳥荘の前の遊歩道を通ってあげた。
彼にはもう、言葉を発する余裕もなかった。ごめんね、H君。

しかしながら、これでへこたれるH君ではない。
8月に入ってからの日曜日。大日岳についてきた。
そのときのH君は最後まで敗走しなかった。新しいキャラバンの登山靴を履き、
目は光り輝いていた。
しかし、帰りは雷鳥荘の前は通らないでくださいと懇願した。
悪夢がよみがえると、彼は言った。(笑)

8月14日~17日。
福島に行こうか迷った。が、毎年恒例の家族全員参加プラスO隊長、from大阪のF君と
雲ノ平~鷲羽岳~黒部五郎岳のテント縦走。
富山県内であるが、かかる日数を考えるとなかなかに実現困難な山域である。
最低でも4日はかかる。
長年、行きたくても行けなかった山域だ。
ゆったりと、そして、もくもくと、ただ歩く。
静かで穏やかではあるが、長い。

f0161679_1853531.jpg

雲ノ平から水晶岳。
どこまでも続いているおだやかな荒野。

f0161679_1864179.jpg

壮大な黒部五郎のカール。
ガスが少し切れて、幻想の中に取り込まれる。

f0161679_1871252.jpg

黒部五郎岳山頂。
わが子たちは、最早、私なんかよりもどこまでも歩き、疲れ知らず、だ。

全般的に今年の夏山は8月に入ってから、天候が安定しなかった。
が、印象深い山行となりました。

そういえば二日酔で、赤谷山敗走した私でした。
なめたらあきません。とほほー。
by yui-2910 | 2011-09-07 18:15 | 日々の話