人気ブログランキング |

<   2012年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧

2012年12月31日。

今年ももう残り数時間となりました。

1ねん1ねんが猛烈なスピード感で通り過ぎていく。

営業は12月29日で終了し、昨日は店、厨房の大掃除。
やりだしたら気になる箇所が多くでてきて、大概は予定時間をオーバー。
そういや、去年はここやらんかった、などと思い出し、
ある作業にかかっているにもかかわらず、中途で中断し別のことをやりだす始末。

段取りの通りにはなかなかいかないものだ。

しかしながら新年にはまっさらの状態で始めたい願望が勝利し、
やはり、細かく掃除。
おかげで腰やら背中やらいろんな箇所が痛い。
40も半ばになると身体は正直に訴えかけてくる。

しかし、毎年毎年より一層、「もう1年が経ったのか-。」とつくづく思わずにはいられないが、
年々早く感ずるこの法則は人間である以上変えることができないので、まあ、仕方がないが
ふと、同居男児12歳に聞いてみる。
1年はあっという間に過ぎたのか?と。
私にすれば彼はついこの前小学校に入学した感覚しかないが
彼には随分と前のことらしい。
人生の46分の1の人間と、12分の1の人間では、1年の長さはそりゃ圧倒的に差異がある。
分母が増えれば増えるほど分子の1の重みが減少していくのは仕方がないのだ。

確かに、12年のうちの1年であるからそりゃ、長く感じるだろうな、などと考えながら
大晦日の日も暮れてきたのであった。

みなさん、今年も1年間ありがとうございました。
2013年もよろしくお願いします!
by yui-2910 | 2012-12-31 17:47 | 日々の話

クリスマスソング。

12月になるとかならずラジオ等でかかる曲がある。
ジョンレノンも風物詩のように、あちこちでかかってる。

12月8日はジョンレノンの「ロックンロール」をかけていた。
銃弾に倒れた日。
そして、真珠湾開戦の日でもある。
ジョンレノンの自作曲は1曲も入っていない。すべてジョンレノンの好きな曲のカバー。
しっくりくる。

そして、店でかける12月の風物詩はこれだ。
The pogues 「Fairytale of Newyork」



酔いどれシェーン・マクガウンと前スティーブ・リリーホワイト夫人で
今は残念ながら故人となってしまったカースティ・マッコールのデュエットソング。

ポーグスがこの曲をやる際に女性ボーカルを、当初、
クリッシー・ハインドにしようかと考えたらしかったが、
カースティ・マッコールで大正解。
クリッシー・ハインドも好きなのだが、この曲は合わないだろう。

最初、若きアイリッシュ移民の男女がNYに渡ったころの夢を語る。
そして、やがて罵り合う。
何がハッピークリスマスだ。
俺には明るい未来があったはずなのに。あんたが私の夢を持ってったんだよ。この野郎。
そして、男は最後に
その夢は今でも大事に持ってるよ。

この曲は日本ではあまり流れないが
本国イギリスでは、今でも根強い人気がある。
ワムなんかより、ずっと。

さ、除雪でもするか。
by yui-2910 | 2012-12-12 17:40 | 音楽